フェイクスイーツの作り方

粘土を使ってスイーツを作るフェイクスイーツという手芸が流行っているようです。工夫しだいでオリジナルなスイーツが作れるのが魅力です。

サイトトップ > ロールケーキを作る

スポンサードリンク

フェイクスイーツの作り方

ロールケーキを作る


ロールケーキを作るには、生地の部分とクリームの部分を用意します。生地の部分に使う粘土は、ケーキの生地に近い黄土色などにアクリル絵の具などで着色しておきましょう。最近では色々なカラーの粘土がありますので、最初から黄土色のものもあるかも知れません。もし手に入るのであれば、それを使用しても構いません。


クリームの部分に使う粘土は、そのまま使用すれば一般的な白いクリームになりますが、ピンクに着色すればイチゴのクリームを表現することもできます。


2種類の粘土を用意したら、長方形に伸ばしていきましょう。2種類とも同じくらいの厚さにし、クリームに使う粘土は生地用の粘土よりも少し短くなるようにします。


粘土を伸ばし終えたら、生地の部分になる粘土のまわりを、アクリル絵の具で茶色っぽく着色していきます。これは、生地の焼き色を表現するためです。色を塗り終わったら、絵の具が乾くまでしばらく自然乾燥させておきましょう。ただし、あまり長い時間おいておくと、粘土が乾燥してしまい固くなってしまいますので気をつけましょう。だいたい20分くらいおいておけば大丈夫だと思います。


絵の具が乾いたら、生地の上にクリームを重ねます。生地とクリームの端を揃えたら、そこから巻き始めていきましょう。クルクルと最後まで巻き終われば、ロールケーキの完成です。


フェイクスイーツの作り方

MENU



スポンサードリンク